2013年08月22日

生理痛を軽減するメンタル思考法

スポンサードリンク





生理痛は、痛みを気にしすぎると、余計につらく感じられる面があります。
生理が近くなると、痛みが気になって精神的に落ち込んでしまう人もいます。
痛みの強さは、たとえ全く同じ痛みだったとしても受け止める側の人によって辛さの程度が異なります。



なかなか難しいことかもしれませんが、まず、生理に対する意識を変えてみましょう。
確かに痛みがあるのは嫌なことですが、生理があるということは、
妊娠・出産が出来ることの裏返し、健康的な体であることの証明とも言えるわけです。
将来、あなたの大切な男性との赤ちゃんを産むために生理はあるのだと
前向きに考えてみましょう。
実際に生理が近くなると、実際の症状は軽くても必要以上に痛みを気にして
憂鬱な感じになってしまう人がいます。
痛みは人間の精神面に与える影響が大きいです。


生理中は、鎮痛剤を飲んだり冷えを防いで血行をよくする努力をすることも大切ですが、
生理痛のことばかり気にしすぎない気楽なスタンスも、同じくらい重要です。
「こうすれば生理痛は軽くなるんだ」という対処法を自分の中でつかんで、
カイロや鎮痛剤を携帯しておくなど、あらかじめ準備をしておくだけでも
精神的に落ち着けると思います。




posted by s-asister at 00:46| Comment(0) | 生理痛に対する考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。